行くぜ、バス停。の資料室 

旅する炭屋~炭屋さんだって旅したい

■このサイトについて
「行くぜ、バス停。」では事業者をある程度決めてやってますが、それ以外のエリアへ出張するとその地域のバス停を見かけて「通り過ぎるのはもったいない」と思い、アーカイブを作る意味で事業者別のサイトを構築してみます。

■内容
「看板」と「全景」のみです。

■こちらもどうぞ
行くぜ、バス停。(バス停の写真を取り上げています)
炭屋さんの「乗ってみました」乗り物に乗ったら上げます
炭屋さんの「行ってみました」趣味分薄めの訪問記です。インフラ系に偏ってます
行くぜ、側線。 側線やら引上線あたりを訪問したら書いています
炭屋さんの「書いてみました」(日記のようなものです)
炭屋さんの「撮ってみました」 (炭屋さんのインスタグラムです)
炭屋さんの常駐先は「 @ tabisuru_sumiya @ machitodon」(アット前後のスペース削除)で検索

中国

中国JRバス

かつての国鉄バスで、主に岡山・広島・山口・島根で展開していた路線をJR西日本が引き継いだのち、同社が設立されました。 看板は所謂「中国地方標準スタイル」のもので、社名表記のみ「JRバス」になっているだけです。 看板スタイルで、掲示板は広めです。

いわくにバス

岩国市内の路線を運行しています。 ルーツは岩国市交通局で、2010年に民営化されました。多くのバス停の看板にはまだ交通局時代のものが残っています。 所謂、中国地方標準スタイルの看板スタイルです。路線が少なく掲示板の空きスペースが目立ちます。

芸陽バス

東広島~三原にかけて路線網を展開しており、一部広島市内への路線も運行しています。 中国地方標準スタイルのものが大半ですが、これは社名を書いたタイプで、あちこちで見られます。 ポールスタイルで、バス停名が黄色地に黒で書かれているのも中国地方独…

下津井電鉄

社名からわかるように元々は鉄道を運営していた事業者で、現在では岡山県南西部(岡山、茶屋町、倉敷、児島)でバス路線を展開しています。 三層式の看板で、上下の赤色に挟まれてバス停名の白地がくっきりと目立ちます。 看板スタイルで、何となく弱々しい…